旅行

青森県三沢市星野リゾート「青森屋」に泊まってみた!その2

炬燵馬車

こんにちは、もえざぶろう(@moezaburou01)です。

前回の記事に引き続き、星野リゾート「青森屋」の宿泊レポートです!

前回は部屋・館内の紹介をしたので、今回は食事・公園の紹介を中心に行います。

では、よろしくお願いします!

*前回の記事もチェックをお願いします

朝食は「のれそれ食堂」でのビュッフェ

前の記事にも書きましたが、今回は朝食付きのシングルプランでしたので、朝食ビュッフェがつきます。

朝食は「のれそれ食堂」にて提供されます。

ということで早速出向きます。。

のれそれ食堂 朝食 ビュッフェ

ビュッフェでは郷土料理が中心ですが、ソーセージやスクランブルエッグといった定番モーニングメニューもあります。

こんな感じで食べました。

朝ごはん

味は文句無し。満足でした笑

今回夕飯は付いていなかったので食べませんでしたが、夕飯はもっと郷土料理の種類が多くなるようです。

朝食を食べて、チェックアウトしました。

青森屋のチェックアウト時間は12:00と遅めになってるので、余裕を持って滞在できます。

青森屋公園を散策しました

チェックアウト後、青森屋の裏にある「青森屋公園」を散策しました。

青森屋公園

門をくぐると公園の入り口です。これは案内図。

大きな池を囲う形で遊歩道があり、自由に散策できるようになっています。

ストーブ馬車という乗り物もありました。

ストーブ馬車

薪ストーブ付きの馬車に乗りながら公園めぐりができるというものです。

雪の時期に乗れば趣深い情景を体験できそうですね。

ふれあい牧場

公園内には牧場があり、馬と触れ合うことができます。

きららかうるる

↑この馬、ここから微動だにしなかったんだけど大丈夫かな?笑

もう少し暖かい時期だと多少活動的になるんだろうか?

元気がないので、ちゃんと飼育されているのか心配です笑

浮見堂

池の中心には浮見堂があります。

入り口までの道にミニねぶたのような山車が置いてあり、ちょっと怖い笑

夜間はライトアップされるようです。

まだ開発途上なのか?広い空間に山車がぽつぽつと置いてある状態。

なんだか寂しげです笑

今後の開発で少しはましになるんでしょうか?

せっかく広い空間があるのに勿体無い気がしますね。

岡本太郎

この題字は岡本太郎氏の作品ということです。

炬燵テラス

炬燵テラス↑というものも。

使っている人は誰もおらず、寂しげな印象。

個人的にもあまり使う気にはならなかった笑

雪の時期であれば、一度使ってみてもいいかなぁ。

といったところで約30分の公園散策を終えました。

発展途上感もあるが、温泉旅館としての「青森屋」はとてもよかった。

ということで、星野リゾート「青森屋」一泊二日の旅レポートでした。

部屋や温泉は満足できましたが、公園や周辺環境など、まだまだ発展の余地がある印象でした。

そもそも古牧温泉リゾートの土地は広大です。

これを全て活かすには時間がかかるのでしょう。

実際、至る場所で工事が行われていました。

星野リゾートの手によって、これからまだまだ変わっていくはず。

また数年後に変化を見に来ようかな笑

そんな感じで、青森県三沢市「青森屋」に泊まって観た!でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
もえざぶろう
2019年1月にブログを開始した31歳♂の初心者ブロガー。人生さまよってるので、雑記ブログを始めました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)