節約

【格安SIM】auから楽天モバイルに乗り換え。使ってみた感想は?【スマホ】

楽天モバイル

お久しぶりです。もえざぶろう(@moezaburou01)です!

実は私、最近楽天モバイルに乗り換えました。

もともとauを使っていたのですが、毎月8000〜9000円掛かるのが嫌になってきたんですよね笑

ツイートした通り、大変気に入っています。

特に気に入ったのは以下のポイント。

  • 値段が安い!(月980円
  • 低速通信が早い(1Mbps)。速度制限がかかってもネット・動画鑑賞がノンストレスでできる。
  • テザリング無料

格安スマホですが、全くストレスなく使うことができています。

携帯代金を安くしたい人や、通信容量を気にせず使いたい人のために、楽天モバイルへ乗り換えてみた感想をお伝えします!!


スーパーホーダイのプランSを契約しました

楽天モバイルにはたくさんのプランがあります。

その中で、私が契約したのはスーパーホーダイのプランS

スーパーホーダイ

一番左側のプランです。

このプランの特徴は、データ容量を使い切った後も1Mbpsで使い放題というところ。

大手キャリア等では128kbps程度に制限されるので、段違いに早いです。

具体的には

  • 中程度の画質で動画を見る
  • スマホでWebサイトを見る
  • google mapを使う 

程度のことであればほぼストレスなくできます。(画像が多いサイトでは数秒待つことがあります)

au時代は毎月通信容量を超えてしまい、超低速回線に悩まされていました。

そのため、低速回線でも1Mbpsで使い放題という点が気に入り、こちらのプランを契約しました。


スーパーホーダイプランSの利用料金は月980円!

スーパーホーダイ

今回契約したスーパーホーダイプランSですが、

私の場合、初年の利用料金月980円となりました!笑

以前使っていたauが月8000〜9000円だったので、

月8000円、年にすれば9万6000円(!)の節約です。

もえざぶろう
もえざぶろう
約10万円の節約。これはでかすぎる。

なぜこれほど安くなるのか解説します。

長期契約での割引がお得!

スーパーホーダイプランSは、本来の月額基本料金が2980円です。

ですが、3年間の契約を選択することで、1、2年目の月額料金が1000円割引になります。

これで月額1980円

さらに楽天会員であればそこから500円割引されますので、月額1480円になります。

*2年契約の場合は割引額が月額500円程少なくなります。

もえざぶろう
もえざぶろう
契約期間内での解約には9800円の違約金がかかるので注意!そして3年目は正規料金の2980円に戻ります。この点を踏まえた上で2年or3年プランを選択してください。

楽天ダイヤモンド会員は更に500円引き!

私はスーパーホーダイプランSの3年契約を選択しました。

その理由は、私が楽天ダイヤモンド会員だったからです。

ダイヤモンド会員であれば、上記の割引に加えて更に500円が割引(初年のみ)されます。

すると、トータルで初年の月額が980円という冗談みたいな料金に笑

仮に2年間で解約して違約金9800円を払ったとしても十分に得であると判断しました。

もえざぶろう
もえざぶろう
楽天ダイヤモンド会員であれば、3年契約一択です。

楽天モバイル

auから楽天モバイルへのMNPにかかった手数料は?

今回、auからMNPで楽天モバイルへ移行しました。

そうなると解約・契約時に手数料がかかってきます。ここがネックになっている方も多いのでは?

結論から言うと、手数料の合計は17,165円でした。

内訳は以下の通り。

  • 2年割解約料金(au) 税込10260円
  • MNP発行手数料(au) 税込3240円
  • 楽天モバイルSIM発行手数料(楽天モバイル) 税込3665円

私の場合これに加えて端末の分割料金約3000円×2ヶ月分が残っています。

端末代金はau解約後も分割請求になりますので、2ヶ月間支払う必要がありますね。

もえざぶろう
もえざぶろう
2年割解約金は更新月であれば0円です。更新月と端末の残債はしっかり確認した上で移行するのがおすすめ。

手数料を支払ってでもMNPした方がお得と判断

17,165円の解約・契約時手数料ですが、私はこれを支払ってでもMNPした方がお得と判断しました。

というのも、au時代の月額約9000円が、楽天モバイルへ移行するとで月額980円になります。

その差はなんと毎月約8000円。月8000円も浮くのです。

17,165円を8000円で割ると、約2.1。

2ヶ月ちょっとで元が取れることになります。

正直、一ヶ月でも早く乗り換えてしまった方がお得です。

楽天モバイルの通信速度は実際どんな感じ?

今回は低速回線でも1Mbpsが出るスーパーホーダイプランSを契約しました。

実際の速度はがどんなものか気になりますよね?

楽天モバイルは、アプリから高速通信・低速通信を切り替えることができます。

高速・低速通信それぞれのスピードテストを実施してみました!

高速通信は下り17.6Mbps、上り12.1Mbps

高卒通信は下り17.6Mbps、上り12.1Mbpsという結果。

大手キャリアよりは見劣りしますが、全く問題なくブラウジング・動画鑑賞ができる速度です。

高速通信(制限時間帯)は上り1.06Mbps、下り1.58Mbps

楽天モバイルはドコモの回線を借りて運営しているMVNOです。

そのため、混雑時間帯(12:00〜13:00、18:00〜19:00)は速度制限がかかります。

高速通信も例外ではなく、18:00代だと上り1.06Mbps、下り1.58Mbpsとなりました。

もえざぶろう
もえざぶろう
1Mbps出ていればブラウジングや中画質程度の動画鑑賞はストレス無くできるので問題なし!

低速通信は下り1.06Mbps、上り0.98Mbps

平常時の低速通信では下り1.06Mbps、上り0.98Mbpでした。

しっかり1Mbps出ています

ブラウジング・中程度画質の動画鑑賞はほぼノンストレス。

普通の人が使う分には十分な速度です。

もえざぶろう
もえざぶろう
私は常時低速通信で利用しています。

低速通信(制限時間帯)は上り0.51Mbps、下り0.17Mbps

楽天モバイルはドコモの回線を借りて運営しているMVNOです。

そのため、混雑時間帯(12:00〜13:00、18:00〜19:00)は速度制限がかかります。

低速通信は300kbpsに制限されます。

実際に計測してみたところ、上り510kbps、下り170kbps出ていました。

公表の300kbpsより早い!

500kbpsだと動画鑑賞はさすがに厳しいですが、ブラウジングであればそこそこできます。

もえざぶろう
もえざぶろう
制限時間帯は高速通信を使おうかと思っていましたが、割と早いので低速通信のまま使うことが多いです!

まとめ

「低速通信でも1Mbpsに惹かれて契約した楽天モバイルですが、

予想以上に快適に使えています。

自分の使用用途だと低速通信でも十分ノンストレス。

殆ど低速通信のみの利用になっています。

ちなみにテザリングも無料で使用可能だったりするので、今度ノマドワークしてみようと思います笑

十分なサービスが、月額980円から利用できる楽天モバイル

携帯の料金が高くて悩んでいる方、楽天会員の方は是非乗り換えをおすすめします!



ABOUT ME
もえざぶろう
2019年1月にブログを開始した31歳♂の初心者ブロガー。人生さまよってるので、雑記ブログを始めました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)